事務派遣 面接

面接でのマナー

面接はあなたの長所や魅力を企業に直接アピールできるチャンスの場ですが、服装やマナーが守られていなければ逆効果。
面接で失敗しないために、最低限のマナーをもう一度復習しましょう。


<服装>
第一印象は、身だしなみ(清潔感)
基本はスーツで、スーツのボタンはきちんと留めて、シャツやブラウスもしっかりアイロンをかけておくこと。
スーツでない場合も、ブレザーやジャケット+ボックススカートまたはパンツなど、仕事をするのにふさわしい服装を選ぶようにしましょう。


<髪型>
女性の場合は結ぶ、留めるなどして、だらしない印象を与えないようにしましょう。
一般化してきた茶髪は、常識の範囲内なら大丈夫です。


<メイク>
面接のメイクは、自分を健康的に見せるものだと考えて下さい。
ブラウン系、ベージュ系など品のいいナチュラルメイクを基本にしましょう。
ただ、地味で暗く見えないようにピンクやオレンジを上手に使って下さい。
マニキュアも派手な色やネイルアートは避け、薄い色や透明のものを使います。
ノーメイクは顔色が悪く見えたり、だらしなく見えたりすることがあるので避けましょう。


<アクセサリー>
必要以上に飾らない、目立たせないことが大事です。
ピアスのぶら下がるタイプは避ける、指輪も大きいものは避けるなど。
男性のピアスや指輪は好まない企業が多いので、避けたほうが無難です。
<入室するとき>
挨拶はゆっくりハッキリと。
名前を呼ばれたら返事をするのを忘れずに。

●ドアを軽くノック(2回が基本)して、「どうぞ」と言われてから入ります。
「失礼します」と告げ、ドアは静かに開けましょう。

●閉めるときは、きちんとドアに向き直って閉める。
後ろ手で閉めるのはマナー違反です。

●面接担当者に向き直ってその場で一礼。
「○○です。よろしくお願いいたします」と挨拶します。

●椅子に座るのは、面接担当者に「どうぞおかけください」と勧められてから。

●椅子に腰を下ろしてから手荷物を椅子の横に置く。
椅子の背にもたれかかるのはタブー。


<面接中>
受け答えの内容ももちろんですが、姿勢や態度を見られています。
背筋を伸ばし、手は軽く両ひざに置く。
足を組むのは厳禁。
面接中の視線は面接官に向けるようにしましょう。
うつむいたり視線をそらしたりすると印象を悪くしてしまいます。
面接官が複数の場合は、話している人に視線を向けましょう。
話しながら髪をいじる、体を揺らすなど、無意識のクセに注意して下さい。


<言葉遣いや話し方>
焦らずにゆっくり話すと、自然と落ち着いてきます。
面接で話す時は、短くまくとめて分かりやすく話すことが大切です。
聞き取りやすいように声を出し、語尾までしっかり発音しましょう。
敬語の使い方に注意し、丁寧に答えるように。


<退出するとき>
部屋を出るまで面接は続いているので、最後まで気を抜かずに。

●立ち上がって椅子の脇に回り、「ありがとうございました」と一礼します。

●ドアを開けて外に出たら室内に向き直り、もう一度、面接担当者に一礼します。

●そのまま後ろ姿を見せないよう、静かにドアを閉めます。

事務派遣関連情報