銀行・証券事務 仕事 スキル

銀行・証券事務の仕事内容やスキルについて

●銀行・証券事務の仕事
<銀行事務>
窓口で新規口座開設・預金・貸出・為替・定期預金等の各種申込み書の確認作業、バックオフィスで専用端末を使って預金事務・国内為替事務・商品の販売などに関わる各種書類の処理・データ入力、資料作成、電話応対などが主な仕事です。

お金を扱う銀行にとって、日々の事務処理は非常に重要なものです。
特に窓口対応はさまざまなお客さまの手助けをしながら、素早く正確な処理を行う必要があるので、やりがいはあります。

ただ、銀行事務は通常の事務とは違い、専用端末の利用が中心となるので経験者が求められます。

<証券事務>
投資家が購入する有価証券の保管や保管している証券の管理(配当金や元利金の受領・名義書き換え等)を行うカストディ業務、株式・債券・デリバティブに関わるアシスタント業務、支店データの取りまとめや財務省および日本銀行への報告、ディーリングルームでのトレーダーアシスタントやアナリストアシスタントなどのフロント業務と約定入力や契約書の作成といったバックオフィス業務、ミドルオフィス業務などが主な仕事です。
また、証券知識の必要がない管理部門での事務もあります。


銀行事務はお金を扱う仕事なので、正確に業務をこなすことが求められ、窓口が開いている時間内に処理をしなければならない業務も多く時間との戦いです。
覚えることも多いので、勉強が苦手な人にはちょっと大変かもしれませんが、専門知識を得ることができるので、経験を積んでおけば仕事の幅が広がります。
また、知識を活かしディーラーやアナリストのアシスタント、経理的な仕事にステップアップすることも可能です。
また、年齢に関係なく活躍できるので、出産や育児などでブランクがあいても、再び仕事に復帰するチャンスが大きい職種です。


●銀行・証券事務で働くための必要なスキル
実務経験
専用端末操作経験
WORD・EXCE
語学力
業界・商品知識
証券外務員
CFP資格
AFP資格


●平均時給
1,306円〜(交通費含む)

事務派遣関連情報