データ入力 仕事 スキル

データ入力の仕事内容やスキルについて

●データ入力の仕事
専用端末や定型フォームにそって各種データを入力、入力済みの資料のファイリング、データの照合などが主な仕事です。

入力するデータは顧客情報、受発注データ、経理伝票など派遣先によってさまざまですが、
それを時間内にこなさなければいけませんし、同時に3つ、4つの作業を平行して進めることもあります。
扱うデータはテンキーだけを使った数値入力、和文と英文の交互入力、関数を使った計算式の入力までさまざまなケースがあります。
一般的には伝票や記入用紙に記載された文字や数字をデータ化する業務ですが、伝票処理やファイリング、データチェック、記入者への確認作業などを含むケースもあります。

全ての派遣先で共通して求められるのは、迅速かつ正確にデータの入力を行うことです。
ただし、最初の頃は入力スピードが遅いスタッフでも、仕事を続けるうちにどんどん早くなっていきます。
仕事に慣れるにつれ短時間で入力できる件数が増え、自身の成長を実感できます。
また、データ入力でつちかったPCスキルは一般事務や営業事務などの職種でも活かすことができるので、将来的に仕事の選択肢が広がります。

ただ、ミスが許されない仕事なので、いつも緊張感を持って仕事をする必要があります。集中力が途切れやすい人や細かい作業が苦手な人にとっては大変な仕事かもしれません。
入力スピードや正確さが乱れてきたときは、上手に気分転換をし、効率よく仕事を進めましょう。


●データ入力で働くための必要なスキル
WORD・EXCELは必須。
POWER POINT・ACCESSが使いこなせると仕事の幅も広がる。
ブラインドタッチ
コミュニケーション能力


●平均時給
1,183円〜(交通費含む)

事務派遣関連情報