医療事務 仕事 スキル

医療事務の仕事内容やスキルについて

●医療事務の仕事
医療機関の事務仕事と医療現場のサポートを行う医療関連補助業務があります。

医療事務では、窓口での患者受付、会計窓口での患者応対、医療費の会計計算、データ入力、診療部門におけるクラーク、診療録(カルテ)管理、診療報酬請求明細書を健康保険組合等に提出するためのレセプト業務といった仕事になります。
その他にも医療・介護事務などの仕事もありますが、医療機関の大きさによっても、入退院の手続き、医師や看護士の事務作業をサポートする仕事などもあります。

医療関連補助業務では、診療補助や看護補助、歯科助手、メッセンジャー業務といった仕事があります。


医療事務の仕事に就くには、ミスのないようコツコツと業務を行うことができる根気強さが必要で、受付や窓口業務を担当する場合など、患者さんと接する機会も多くなるので、病気やケガで不安を感じている患者さんや家族に真剣かつ誠意を持って対応できるホスピタリティが求められます。
また、入退院の手配や会計など、業務は医療機関ならではの複雑さがあり、保険点数の計算など地味な仕事も多く、決められた業務を的確にこなしていく必要があるなかで、いざという時にも慌てず笑顔で患者さんと接するなど、落ち着いた対応が求められます。

医療・介護事務の仕事内容は基本的に同じで、携わる仕事の役割と範囲が明確なので、時間的な融通がききやすい職種ですし、経験を積んでおけば職場が変わっても活躍できる仕事だと思います。


●医療事務で働くための必要なスキル
医療事務資格
診療情報管理士
医療事務技能審査(メディカルクラーク)
診療報酬請求事務能力認定
医療秘書技能検定
業務に関する知識
ホスピタリティ
データ入力できるくらいのパソコン知識


●平均時給
1,224円〜(交通費含む)

事務派遣関連情報