OAオペレーター 仕事 スキル

OAオペレーターの仕事内容やスキルについて

●OAオペレーターの仕事
アプリケーションソフトを使ったデータや文章の作成、加工、集計などが主な仕事です。
作成する文書は企画書、プレゼン資料、集計フォーマット、議事録、見積書、ビジネスレターなどがあり、派遣先によっては電話応対やデータ管理といった仕事を担当することもあります。

依頼を受け、目的や用途に沿った文書を迅速かつ正確に作成するのがOAオペレーターの仕事で、作成した資料や書類は会議や商談といった重要な場で使われるため責任は重大ですが、やりがいはあります。

主に使用するソフトは、WORD、EXCEL、POWER POINT、ACCESSといったMicrosoft Office系のものです。
まれにIllustratorやPhotoshopなどAdobe系のグラフィックソフトや特殊なDTPソフトを使用することもあります。
使用するソフトの種類や機能、扱うデータの内容によって、業務の難易度は違ってくるので未経験から業務に就くのはちょっと難しいかもしれませんが、使えるソフトの種類や習熟度によって自分のレベルを客観的に判定できるのもこの仕事の魅力です。

ただ、文書作成の前段階で業界知識や専門用語などをきちんと理解し、迅速かつ正確に作成する必要があり、派遣先によっては専用の端末やソフトを使っての仕事なので、新しいことに積極的にチャレンジする姿勢や柔軟な対応力が求められます。


●OAオペレーターで働くための必要なスキル
WORD・EXCELは必須
POWER POINT・ACCESSができれば仕事の幅が広がります
Microsoft Office Specialistなどの各種検定資格
ビジネス文書の一般常識やデザインセンス
正確性・迅速性


●平均時給
1,217円〜(交通費含む)

事務派遣関連情報