秘書 仕事 スキル

秘書の仕事内容やスキルについて

●秘書の仕事
会社役員のスケジュール管理、出張手配、来客対応、会議の準備、挨拶状や社内外文書の資料作成、名刺整理、慶弔関係などが主な仕事です。

秘書の仕事の幅はさまざまで、複数の上司を担当する場合、1人の上司に複数の秘書で対応する場合、部署の業務全体のサポートが多い場合など派遣先企業によって体制が異なります。

外資系企業での秘書は“セクレタリー(秘書)”という専門職として、語学力、業界知識、マナー、外交に精通し、秘書業務のみを行います。
セクレタリーの中でも色々な種類があり、企業の業態や規模によっても違ってきますが、直属の上司が日本人なのか外国人なのかによって二つに分かれます。
外国人付きになる場合は英語のスキルが要求されます。
その中でもエグゼクティブ・セクレタリーは一番高いスキルが要求され、重要な役職者にマンツーマンで付き、完璧なバイリンガル(二か国語)である事が求められます。

日系企業では秘書業務とあわせて、所属する部署全体の庶務を担当するケースも多いようです。

業界や担当上司の仕事によって高い専門性が必要となりますが、専門性や管理能力のスキルを磨けるますし、責任のある業務を任せられたり、役職の高い上司につけたりと、キャリアアップが可能です。
また、担当上司が円滑に作業を進められるようにサポートする仕事なので、機転が利き、いかなるシーンでも柔軟に対応できる人、機密情報を扱うこともあるので、口が堅く、守秘義務を守れるかが大事なポイントです。
また、秘書の仕事は語学力だけでなく、一般常識やビジネスマナーも活かせるのでやりがいはあります。
社外の人や取引先企業の役職者と会う機会も多いので気は抜けませんが、会社の重要な仕事を任されている人を自分がサポートしているという実感は、他の職種ではなかなか得られないものです。

ただ、社内の機密事項に触れる機会が多く、例え社内の人であっても口外は厳禁ですし、担当する上司によって業務内容や日々の細かい対応が左右されるので大変さもあります。
また、上司に合わせて残業が増えることもあります。


●秘書で働くための必要なスキル
WORD・EXCEL・POWER POINTは必須。
TOEIC700点レベル以上の語学力
秘書検定(資格より実務経験重視)
ビジネスマナー


●平均時給
1,326円〜(交通費含む)

事務派遣関連情報