貿易事務 仕事 スキル

貿易事務の仕事内容やスキルについて

●貿易事務の仕事
輸出入に関する書類全般の作成や手配、商品を電話やメールで受発注、AIRや船便のスケジュール確認、通関書類の作成、倉庫の手配が主な仕事ですが、輸出と輸入とでは業務内容が違い、相手国によっても手続きや適用される法律が違うので、高い専門性が必要とされる職種です。

貿易事務は専門的な知識が必要とされる「手に職」の人気職種。
英語をはじめとする語学力やビジネスの慣習・文化の異なる相手国と交渉や調整を行えるタフな人材が求められます。

語学力が活かせるだけでなく、国際政治や世界情勢などの知識も必要となるので、一日中社内にいながらの業務なのに国際社会を相手に活躍している実感が得られるという魅力もあります。

必要な語学レベルは業務の内容によって違ってきますが、英文書類を確認する程度の業務なら、一般英語はそれほど求められない場合もあります。

また、海外とのやり取りが多く、基本的に書類が中心なので、文化の違いから驚くような場面に遭遇することもありますし、それ以上に貿易事務では専門用語が必要となるため、業務に慣れるまでは覚えるのに一苦労ということもあるので、未経験で貿易事務の仕事に就くことは難しいかもしれません。
ただ、専門スタッフとしての求人は多いので、貿易の勉強をしていて、ある程度の語学力や専門用語の知識があれば就業できる場合もあります。

また、時期によっては残業が多くなることもあります。


●貿易事務で働くための必要なスキル
WORD・EXCEL・メールは必須。
TOEIC700点レベル以上の語学力
貿易実務検定C級レベル以上。
細かい書類チェックを正確かつ迅速に行える処理能力や状況判断能力なども求められます。


●平均時給
1,350円〜(交通費含む)

事務派遣関連情報